新郎と新婦

海外が発祥であるエクセルコダイヤモンドを手に入れよう

妊婦も美しいドレス姿を

ウーマン

専門店が増える予測

近年、おめでた婚が増加するにつれて、マタニティドレスの需要も増えています。マタニティドレスは、お腹の部分を締め付けないデザインが特徴です。マタニティドレスは、結婚式場内のウェディングドレスショップで取り扱っています。しかし、一般的なレンタルショップの場合、マタニティドレスの取り扱い数は決して多くありません。そのうえ、お腹が大きくなるにつれて、着用できるサイズが限られてきます。このような点を解消できるのは、マタニティドレス専門店です。お腹のふくらみに合わせて様々なデザインのドレスを用意しているので、おめでた婚の強い味方として知られています。現在では、店舗数は決して多くない状態ですが、今後は徐々に増加すると予測できます。

妊娠数週を考慮して選ぶ

マタニティドレスを選ぶ際の注意点は、挙式の日の妊娠週数を考慮することです。適切なサイズ選びをしないと、前もってドレスを契約もしくは購入したものの、挙式日当日に小さくて入らない事態になりかねません。妊娠20週目くらいまでは、お腹はそこまで目立ちません。しかし、24週目になると、急に腹部が前にせり出してきます。そして、しだいにみぞおちのあたりまで膨らみ始めます。よって、妊娠週数を経た花嫁ほど、マタニティドレスのサイズ選びに気を付ける必要があります。また、お腹はもちろん、ドレスのバストにも余裕を持たせておきます。妊娠中はバストも成長するうえ、締め付け感で気分が悪くなることもあります。そのため、少し隙間があるくらいがジャストサイズです。